文化遺産を調べる

だき灯籠の杉

画像:だき灯籠の杉(全体)画像:だき灯籠の杉(孕み部分)
 

 鹿島神社境内にあって、土地の人びとに「石灯籠呑みの杉」と称せられています。樹高1.5m位のところまで、東側に灯籠を抱えて大きく膨らみ、南側根元にこれを食い込んだ窪みがあります。西側は深い空洞を成していて、たたくと音のするところが数か所あるといわれています。奇木の一つです。
なお、鹿嶋神宮は、鹿島大神を勧請して大同元年(806)創建です。

  • 区分:大子町指定文化財
  • 種別:天然記念物
  • 員数:1株
  • 所在地:初原329(鹿島神社)
  • 指定年月日:昭和50年9月12日
  • 推定樹齢:約300年
  • 樹高:約35m
  • 幹周り:5.3m

アンケート

大子町文化遺産ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る